Vision

From Local to The World!

「日本のローカルと世界をつなぐ架け橋に」

こうした想いから私たちは静岡県掛川市を拠点として事業をはじめました。

具体的には…

  • 日本茶をはじめとした日本各地の「おいしい」「楽しい」を世界に届ける
  • 日本のローカルの魅力を世界に発信しながら、地域を元気にする
  • ローカル企業のみなさまのマーケティング・情報発信をお手伝いする

といった事業活動に取り組んでいます。

こうしたビジネスを通じて、日本のローカルを元気にしながら、世界と日本のつながりを豊かにしていきたいと考えています。

 

Founder

代表取締役CEO 戸田 佑也 TODA Yuya

シンクタンク勤務を経て2015年静岡県掛川市にて(株)あらまほしを創業。
※写真は若かりし頃(25歳くらい)のもの。

<経歴>

1986年 静岡県掛川市生まれ。
2005年 『シュート!』で著名なマンガ家の大島司を輩出した静岡県立掛川東高等学校を卒業。
大学受験に軒並み失敗し、1年間の浪人生活を送る。このとき『ダブルブリッド』『灼眼のシャナ』『先輩とぼく』などのライトノベルや日日日、乙一、金城一紀などゼロ年代作家にハマり、年間300冊以上の小説を読む。

2006年 筑波大学第二学群人間学類に入学。教育学、なかでも生涯学習・社会教育について学ぶ。
在学中に外国人児童・生徒への日本語学習ボランティアや、東日本入国管理センターに収容されている難民への面会ボランティア活動に携わる。卒業研究では在日ビルマ難民の民族間関係について調査を行った。
こうした経験を通じて芽生えた問題意識から、人種・国籍などによる制度的不利がない社会の構築を志すようになる。

2010年 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社に入社。
政策研究事業本部(大阪)地域政策研究グループに所属し、主に地方自治体における地域振興・産業政策に関する受託調査・コンサルティングに取り組む。
地域の国際化推進プラン策定支援や留学生との地域協働プログラム運営など、政策の立案から実行まで幅広い事業を手掛けた。
また、社内横断組織である「外国人活躍推進室」の設立を発起し、地方自治体の外国人政策に関する自主調査研究や、地域経営グローバル化戦略シンポジウムを企画・実施した。

2015年4月、同社を退職。同年6月に株式会社あらまほし設立。
日本茶専門EC「IPPUKU」をはじめ、Web制作ディレクション、地方自治体のコンサルティング、各種セミナー講師などを行っている。

<社会貢献活動>
  • (一財)未来を創る財団主宰「定住外国人政策研究会」メンバー(2015年度〜)
  • 第2次掛川市多文化共生推進プラン策定市民委員(2015年度)
  • 掛川市茶業振興専門部会委員(2016年度)
  • 掛川観光協会掛川支部理事(2016〜17年度)
<情報発信>
  • 「外国人が活躍しやすい『場』を作る国際化戦略」毛受敏浩編著『自治体がひらく日本の移民政策-人口減少時代の多文化共生への挑戦』p.138-150(2016年)
  • 「移民政策 求められる体系的な移民政策の整備」三菱UFJリサーチ&コンサルティング編『2015年日本はこうなる』(2014年)
  • 「留学生の活用 海外展開だけでなく人材確保を目的として」三菱UFJリサーチ&コンサルティング編『2014年日本はこうなる』(2013年)
  • YAHOO!ニュース「増える留学生の日本就職 外国人採用を進めるべきか」コメント掲載(2013年)

Supporting Member

あらまほしは、多彩なスキルをもった、グローバルなサポートメンバーに支えられています。

Company Profile

会社名 株式会社あらまほし
英文社名 ARAMAHOSHI Inc.
代表 代表取締役 戸田 佑也
所在地 〒436-0038
静岡県掛川市領家965-2
E-mail info@aramahoshi.jp
事業内容
  • 日本茶通販
  • Web制作・プロモーション
  • PR戦略立案・実行
  • 地方創生コンサルティング